尼崎オニバリーガーデン

どうも、おにぎり爆弾と申します。尼崎出身のチマチマ大学生がチマチマとチマチマするやつです。日記もチマチマ書いてますhttp://onigiribakudang.hatenablog.jp/

てぃきにまへっ

土曜日にLOUD PARKに行ってきた。その感想をあっさりと綴る。本当にあっさりとね。こういう感想苦手だから。

 

 

まずね、今年は人が多すぎた。去年の快適さが嘘のようだったよ。

今年は去年と違い3ステージ制でメインステージと離れたところにサブステージがあり、その移動がかなりしんどかった。その所為で俺は冷静さを失い、HAMMERFALLを観なかった。かなり後悔している。

 

 

良かったアクト

 

おにばく的ベストアクトはANTHRAX

ライブバンドとは聞いていたがあそこまでとは。ジョーイ・ベラドナは素晴らしいフロントマン。カメラの台車に乗ってみたり、客とハイタッチしたりと、LOUD PARKというステージを最大限に活かしたパフォーマンスは流石の一言に尽きる。

TESTAMENTは音が悪かったこともあり、少々退屈で眠くなっていたところにアンスラだったので一気に目が覚めた。やはり俺にTESTAMENTは合わないのかもしれない。

 

他に良かったバンドを挙げるとすれば、ARCH ENEMYとSLAYERかな。

アチエネは何と言ってもヨハン登場が熱かった。彼の歌声は全く変わっていなかったね。選曲も良かった。「Silverwing」をやらなかったのは意外。「Bury Me An Angel」を聴けたのでそれだけで良し。

 

そしてSLAYER。今回の俺の目当てだ。だがよく考えてみたら俺は言うほどSLAYERが好きではないことに終わって気が付いた。ライブ自体は良かったのだが、胸に響くほどのものではなく、そこで初めて気が付いたのだった。アラヤさんの笑顔は癒された。

 

あとは日本のGALNERYUSも中々良かった。ガッツリ聴いたことはない俺でも1曲目の「Destiny」は知ってる。

METAL ALLEGIANCEはスラッシュメタル大好きおじさんにはたまらないメンバーによるカラオケ大会だった。DEATH ANGELのマークはやはりめっちゃ格好良い。カンペ見ながら歌ってたチャック・ビリーの100倍格好良かった。

 

 

●ちょっと反省した話

 

個人的には正直今年のラウパは去年に比べて満足度は低かった。

一つ言えるのは有名なバンドのライブを観るよりも、自分の好きなバンドのライブを観た方が楽しいということだ。当たり前のことである。

今回俺は2日間のどちらかに行こうと考えた時、迷わずに1日目を選択した。それはネームバリューによる部分が大きかったことは否めない。アンスラ、チルボド、アチエネ、そして帝王SLAYER。いずれもまだライブを観たことはなかったバンドだ。特にSLAYERに関しては「SLAYERを観たという事実を残したい」という思いがあった。

しかし実際に行ってみてわかった。俺はそのどのバンドにも大した思い入れはなかったのだ。「メタラーなら一度は~を観ておかないと」という自分自身が最も嫌うような考え方を俺は持っていたらしい。

終わったことをあーだこーだ言うのは好きではないが、2日目に行った方がより楽しめたのだろうと今は思う。無論実際どうだったかはわからない。チルボド、アチエネ、SLAYERよりもダートラ、CARCASS、ナパデの方が俺にとっては魅力的だ。

去年の方が楽しめたというのはそこに要因があると思う。DEATH ANGEL、KREATOR、THE HAUNTEDはいずれも大好きなバンドだったため、最高の思い出になった。

 

 

来年呼んでほしいバンド

 

まずはSCORPIONS。今年は結局交渉決裂という形に終わってしまったようだが、是非実現させてほしい。単独で来てくれた方が嬉しいが、それが叶わぬのならラウパで来てもらうしかない。

 

スラッシュメタル大好きおじさんとしてEXODUSを推したい。間違いなく盛り上がるだろうし、巨大WODを見てみたい。

 

あとはヴァイキング枠はあっても良いのかなと思う。ELUVEITIEとかENSIFERUMとか。ALESTORMでも良いし。

 

現実的ではないがCARPATHIAN FORESTなんかも観たい。

 

 

 

何だかんだで楽しかった。来年は両日行きたい。

広告を非表示にする