尼崎オニバリーガーデン

どうも、おにぎり爆弾と申します。尼崎出身のチマチマ大学生がチマチマとチマチマするやつです。日記もチマチマ書いてますhttp://onigiribakudang.hatenablog.jp/

音楽大好きおじさん

今日は昼頃まで寝てしまった。更に部屋電をつけたまま眠りについてしまったらしい。これはいかんね。

 

 

散髪に行った話

俺がいつも担当してもらってる美容師さんは音楽好きである(以前もこのブログに書いたような気がする)。共通して聴いているバンドが判明し、その話で盛り上がるというのがいつもの流れだ。前回はジュディマリ、そして今回それはブライアン・セッツァーであった。

俺自身物凄くブライアン・セッツァーに詳しいという訳ではない。それは相手も同じであった。でもそれで良いのだ。そのぐらいが1番楽しいのだから。

去年BRIAN SETZER ORCHESTRAの来日公演に行った話をすると、かなり羨ましがられた。1度生で見てみたいそうだ。セッツァーは俺の知識が正しければ親日家で、割と頻繁に来日する印象があるし、来年も来日が既に決まっている・・・という話をすると、「え!?来年来るの?」その情報を知らなかったらしい。

そんな話をした後にはやはりブライアン・セッツァーを聴きたくなってしまい、俺は徐に棚から「The Dirty Boogie」を取り出すのであった。

 

The Dirty Boogie

The Dirty Boogie

 

 

 

ヨハン・リーヴァ

f:id:onigiribakudang:20150926195929j:plain

メロデス史に燦然と輝く名盤「Burning Bridges」。初めて聴いたアチエネのアルバムもこれだった。当時「メロデスって格好良いけど同じような曲ばっかだなあ」と思っていた俺に衝撃を与えた。

 

去年に続き2年連続でのLOUD PARK出演が決まっているARCH ENEMY。そのステージに初代ボーカルであるヨハン・リーヴァの出演が決まった。

いやー、これは参ったね。アチエネはSLAYER側でのんびり観ようと思ってたのに、ヨハン来るとなるとちゃんと観たくなってしまうではないか。

俺は決して「アチエネは初期3作以外認めない派」ではないのだが、やはりあの3作はアチエネに於いてもメロデス全体で見ても特別な3枚であることは間違いない。「Bury Me An Angel」、「Beast Of Man」、「Fields Of Desolation」、「Dead Inside」、「Pilgrim」、「Silverwing」・・・メロデスに残る名曲が多く収録されている。

そして何と言ってもヨハンのボーカルが良い。お世辞にも上手いボーカリストではないのかもしれないが、彼の悲哀の籠った声が個人的には大好きなのだ。アンジェラ期の曲をアリッサが歌うのは特に違和感はないが、初期3作の曲に関してはやはりヨハンにしか出せない味があると思う。

 

Black Earth

Black Earth

 

 ↑ヨハンが何曲歌うのかはわからないが、取り敢えず「Bury Me An Angel」は絶対に歌ってほしい。

 

 

引退ラッシュ

f:id:onigiribakudang:20150926201139j:plain

↑このフォーム今でも真似しちゃうなあ。子供の頃はダサくて嫌いだったけど、今は如何にも軟投派って感じで好き。勿論舌をペロッと出すところまでやって物真似成立ですよ。

 

山本昌の引退が発表された。まあ特に驚きはなくて、「遂に昌さんも見送られる側になったか」という感想を持っている。大抵の人は同じような思いなのではないだろうか。だがやはり引退は寂しい。

今年は俺が野球を見始めた頃の選手がどんどん引退を発表するから悲しみが付いていけない。贔屓球団では東出がそろそろ発表しそうな気がしてならない。久本、江草、河内あたりがひっそりとしそうな気もする。栗原は流石にまだ続けると思いたい。

 

番長はまだまだやってくれるよね?

広告を非表示にする